京都市右京区の美容院、美容室

LATEST ENTRIES

※ヘナのSGS研究所による検査結果

2016/12/29

2016年マハラニヘナ石臼挽きは

非常に完成度が高い仕上がりとなっております。

ヘナの天然染毛成分であるローソニア色素含有量比較

マハラニヘナ石臼挽き

2014年産:2.25%
2015年産:2.9%
2016年産:2.36%

色素量では、2015年産の2.9%には及ばないものの

2014年産並みの染毛力で

使用感は大変によく、

鮮度、粘り、ともに抜群で

ハケ塗りも可能なレベルです。

現在の日程ですと、入荷は年明け2月上旬を予定しております。

2016年産マハラニヘナ石臼挽きの検査結果をお知らせしますが、

弊社では、

ヘナを日本に輸入した後の検査ではなく、

ヘナの原材料「ヘナの葉」買い付けの段階で検査し、

検査をパスした原材料を使い製造、

完成品の段階で検査を実施、

最終確認後、日本に向けて出荷しております。

検査は製造時、インドにて実施しており、

英語の検査結果となりますので

重要箇所に赤字を入れて、解説をしております。

鉛含有量(10 ppm 以下であること)と

ローソニア色素(ヘナの天然染毛料成分量 2%以上)が最も重要です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●SGS研究所※による検査結果


※SGS研究所はスイスに本社を置く国際検査機関で、
最新の機器を用いた検査により、
その信頼性は日本食品分析センターと同等です。

●鉛(Lead)が多く含まれるヘナが増えております

日本のお米(毎日摂取する場合)の鉛基準値が 2 ppm(mg/kg)です。
食品ではない化粧品(外用)のヘナの場合は、鉛、弊社自主基準値 10
ppm(mg/kg)以下と定めております。
最近、ヘナに50 ppm以上の、場合によっては100ppm 近いという高い値の鉛など
の重金属が検出される場合があるため製造前の、ヘナの原材料の、事前検査が欠
かすことができません。

また、弊社製品は、「化学薬品ゼロ宣言」の工場にて、弊社指導のもと製造して
おりますので、化学薬品の配合、混入、いずれの可能性もゼロです。

ただ、日本の皆様の中には、「化学薬品が検出せず」という食品分析センターの
日本語の証明書によって安心される場合があるため、本年より、日本に輸入後、
化学薬品が検出されないかの検査を実施し、日本語の証明書を皆様にお示しする
ことを検討しています。

page back

HAIR SALON & GALLERY TERI TOYE
(ヘアサロン&ギャラリー テリ トーイ)
〒616-8216
京都府京都市右京区常盤一ノ井町9-4
  • 075-200-1328
  • メールフォームはこちら

【営業時間】
10:00-20:00 (火曜日定休)
【最終受付】
perm&color 18:00
cut 19:00

PAGE TOP